八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市・東大阪市のお持ちの自宅不動産の価格が上昇しています。売るなら今です!

八尾市・東大阪市のお持ちの自宅不動産の価格が上昇しています。売るなら今です!

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市のお持ちの自宅不動産の価格が上昇しています。売るなら今がチャンスです!




今、八尾市と東大阪市の不動産売却価格が上がっています。

先日、当社のお客様が、試しで自宅マンションを一度、売却査定してくださいと依頼がありました。査定額を聞いたお客様が、想定外の価格で驚いていました。売却を考えているなら今が大チャンスです。

前回不動産の値段が上がったのは2007年の「ミニバブル」と呼ばれた時期。そして今そのミニバブルが再来している、といわれています。
大規模な金融緩和で資金に余裕のある人が増え、その資金が真っ先に向かった先が新築マンション。それによって新築マンションの価格が急騰、建築資材の不足などが拍車をかけました。八尾市のマンションの値段は今バブル期ほどまで膨れ上がっています。そうなると新築の代わりに中古マンションを買う人が出てきて、中古マンションの値段が波及する形で上がっていったわけです。値段が上がっているということは、今がまさに売却の時期と言っても良いでしょう。

景気や社会情勢を鑑みると直近だと「マンションの売り時は今がベスト」といえます。近年は震災復興工事やオリンピック特需から建設需要が多く建築費相場が高騰した影響もあり、特にマンションの相場が2013年を機に上昇し続けています。高齢化が進み、後継者のいない農地では、一斉に売却を検討する可能性があります。これだけの土地が売りに出されれば、周辺の不動産の価格が下がり、その影響でマンション価格も下落する可能性があります。


以上のような理由により「マンションの売り時は今」という結論になりますこのように、マンションの売却は売れやすい時期はあるものの、「売れる時が売るタイミング」と言えるようです。売れ残って不良資産とするよりも、積極的に行動することが大切だと意識しておきましょう。


お客様のように、「ちょうど、息子も大きくなって家が手狭になってきたなと思っていたので、住み替えを決めようかなと思ってます。」という方も少なくありません


一戸建やマンションの価格はコロナ禍以前と比較しても、大幅に上昇していることがわかります。


東京オリンピックや大阪万博の開催の2025年による地価上昇、コロナ禍での住み替えの需要の拡大、建築資材高騰に中古不動産市場全体が価格上昇しています。



「八尾市と東大阪市の自宅不動産を売却するなら、いつ売りに出すのかタイミングを見極めることが大切です。

売り時を間違えるとスムーズに売却できない、仮に売れても高く売れず利益を十分に確保できないこともあるからです。

逆に言えば、売り時を把握しておけば、理想とする売却価格を狙うことは可能です。「売却時期は今だと思います。」


八尾市と東大阪市の不動産売却物件が、ただいま成約多数につき、売却物件不足中です。不動産売却を検討中の方は是非1度お問い合わせください。価格・引き渡し等のご相談可能です!


まずは、お気軽に何でもご相談ください!

八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市・東大阪市の自宅不動産マンション売却時には室内清掃をした方が良いのか   記事一覧   八尾市・東大阪市の自宅マンションのお客様に内覧時のチェック項目は|次へ ≫

トップへ戻る