八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 自宅を売る前にリフォームした方が良いのか?

自宅を売る前にリフォームした方が良いのか?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)



自宅を売る前にリフォームした方が良いのか?




1.メリットは・・・


物件写真をアップするときに綺麗に見せることができます。最近はネットの物件検索サイトで条件や写真を見てから内見の希望を出すのが主流ですので、最新の設備などはアピールポイントになります。また、壁や設備が綺麗になるため、お客様の内見時に清潔なイメージを与えることができます。古いタイプの和室などで、床の間や押入のある部屋はほとんど需要がないのが現状ですが、フローリングの洋室などに変更することによって需要のある部屋を増やせることもメリットです。家全体にリフォームをかけることにより、新築に近いイメージを創り出すことができます。

 

2.デメリットは・・・



マイホームを売却する場合、中古物件として売り出されます。中古物件は一定の売却事例があることが多く、その範囲内でないとなかなか売れなくなります。リフォームで内装が綺麗になって売りやすくなると思われがちですが、かかった費用をそのまま価格に上乗せすると他物件より高くなってしまい、それだけ買い手がつきにくくなります。仮に500万円かけてリフォームしたとして、立地や築年を考慮に入れた相場3,000万円の物件を3,500万円にしてしまうと非常に売りづらくなります。そもそも、相場より高いと内見まで至らないことが多くなります。もう一点気を付けてほしいのが、中古物件の場合内装だけを綺麗にしても、マンションだと玄関扉やバルコニーを含む共用部、戸建てだと外装・庭を含む外構は古いままだということです。リフォームで費用をかけても外観までは新築のようにはならないのです。

 

3.どうしたらいいのか?


中古物件の売却で重要なのは、相場でしか売れないことを考慮し、商品価値を最低限整えるにはどうすれば良いか?という考え方です。

一例をあげると、壁クロスの貼替とクリーニング業者による徹底した清掃です。クリーニングは後述しますが、壁クロスの貼替は普及品であれば1㎡あたり1,500円程度でできます。70㎡のマンションだと人件費を足しても15万円ぐらいの計算になります。クリーニング費用と併せても30万円位を目安に考えておけば充分でしょう。この程度の費用感であれば、価格にリフォーム代を上乗せせずに売買市場に出せるため、早く売却できる効果があります。






リフォームするなら専門業者に相談するべきです。



リフォームすべきかそのままで売却するかを悩んでいる場合、不動産業者に相談するのも手です。価格帯や売れやすさを考慮して、リフォームすべきかどうかやその内容についてもアドバイスしてくれます。

売却事例が多い業者であれば、買主目線で直すべき箇所を熟知しているため、おすすめのリフォーム・修繕ポイントも教えてもらえます。

ただし、中には不動産業者とリフォーム業者が癒着していて、紹介料やキックバック目的でリフォームを進めてくることがあります。押し売りには注意し、信頼できる業者・担当者を選びましょう。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!



住宅ローン無料相談会実施中!

寿ハウジングでは、経験豊富なスタッフが、お客様のライフプランに最適な、提案をさせていただきます。

詳細は下記リンク先にございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

寿ハウジングの住宅ローン無料相談会を確認してみる





◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|マンションの建物構造は、それぞれの特徴は?   記事一覧   自宅購入時に火災保険と地震保険には一緒に加入しないといけないのか?|次へ ≫

山田崇 最新記事



山田崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る