八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンを申し込むにはどうしたらいいか?

住宅ローンを申し込むにはどうしたらいいか?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)





不動産会社に紹介してもらう



住宅購入検討時に、不動産会社の担当者は客に住宅を購入してもらうため、金融機関の紹介や住宅ローンに関するアドバイスなどいろいろと協力してくれます。特に新築住宅では戸建て・マンションとも販売する不動産会社と提携する金融機関がある場合、購入者にとってもメリットがあるのでその金融機関の住宅ローンを利用するのがおすすめです。

その購入者にとってのメリットとは、例えば購入物件の資料を直接不動産会社が金融機関に提出してくれたり、事前審査の申し込みが楽にできたりと手間が軽減されるほか、直接自分で申し込んだ場合では条件的に少し厳しいケースでも提携している不動産会社経由で申し込むことで融資が利用できることもあります。特に住宅ローンにこだわりがなければ不動産会社に協力してもらうと住宅ローンの利用がしやすくなります。

ただ、提携先の金融機関が決まっているため、少しでも金利が低いものや特徴的なものなど自分が利用したい住宅ローンがある場合は、自分で手続きをしなければなりません。


必要書類は何を用意すればいいか?



1)本人確認書類

住宅ローンの申込者本人を確認するため、写真入りの資料が必要となります。また、家族構成や勤務先の確認のために住民票や健康保険証の写しも求められます。

 

▼本人

・運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードの写しなど

・住民票の写し(家族全員且つ続柄記載があり、本籍・マイナンバーの記載のないもの)

・健康保険証

 

 

2)収入確認書類

住宅ローンの返済にあたっては、借りる人の収入が安定してどのくらいあるのかが審査の重要なポイントになりますので、収入に関する資料を提出します。給与所得者(会社員)と個人事業主などでは収入の見方が異なるので、提出する書類も異なってきます。

 

▼給与所得者

・源泉徴収票(直近のもの)

・課税証明書(または住民税決定通知書)(直近のもの)

 

▼個人事業主・確定申告者

・確定申告書と付属明細書(直近3年分)

・所得税納税証明書(直近3年分)

 

 

3)物件に関する書類

住宅ローンの担保としてその価値があるかを判断するために、購入する物件の資料も金融機関に提出します。事前審査の段階では簡単なものでも審査してもらえますが、本審査ではより細かな資料も要求されることがあります。

 

▼事前審査の場合

・物件概要書

・物件の図面等

・登記事項証明書や公図の写しなど

 

▼本審査の場合

・売買契約書の写し

・重要事項説明書の写し

・土地建物の登記事項証明書(全部事項)

・公図や地積測量図

・物件の案内図

・建築確認済証

・検査済証

 

▼新築の注文住宅の場合

・建築請負契約書の写し

・建築請負書(内容)

・建築確認申請書




 

4)その他

住宅ローンの申込書や保証会社の申込書、団体信用生命保険の申込書など金融機関が指定する各種申込書の提出も必要になります。

 


まずは、お気軽に何でもご相談ください!



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。

・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、売却物件不足中です!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713





≪ 前へ|自宅のテレビの選ぶポイントは?   記事一覧   賃貸物件における管理費・共益費の役割とは何か?|次へ ≫

山田崇 最新記事



山田崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る