八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の入居審査の基準について

賃貸物件の入居審査の基準について

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

賃貸物件の入居審査の基準について






賃貸物件の入居審査の基準について 

賃貸物件を借りる場合、必ず入居審査が行われます。入居審査に落ちると賃貸物件を借りられなくなるため、賃貸物件を借りる際には、入居審査に合格することが大事になってきます。どのような人が入居審査に落ち、どのような人が入居審査に合格できるのかを知っておくと、賃貸物件を借りる時に大いに役立ちます。

今回は賃貸物件の入居審査の基本や審査に必要な手続き、審査を通りやすくするためのポイントなどご紹介していきます。

審査の基本について



入居審査では、年収と職業、保証人、人柄について審査されます。年収が審査の対象になるのは、支払能力があるかを調べるためであり、家賃をきちんと支払える年収があれば大丈夫です。ただし、勤務先の信用度や勤続年数によっては、審査で落とされることがあります。

職業も審査の対象になり、どのような雇用形態であるのかが重要になってきます。アルバイトや契約社員、派遣社員のような非正規雇用だと安定した収入がずっと得られるという保証がないため、正規雇用よりも不利になります。職種も重要なチェックポイントになり、公務員のような安定した仕事ほど有利になります。

賃貸物件を借りる際には保証人を立てなければならない場合があり、本人だけでなく保証人についても審査されます。通常の場合、保証人は親兄弟などの肉親がなることがほとんどで、本人と同等以上の支払能力があるかがチェックされます。賃借人の人柄も審査対象になり、乱暴そうな人は近所トラブルを起こす恐れがあるため、不合格になる場合があります。物件にもよりますが、保証人の代わりに保証会社へお願いすることもできます。

入居審査は大家さんと不動産管理会社が共同で行うことが多いです。保証会社を利用する場合は保証会社も審査を行います。審査基準はまちまちですので、ある賃貸物件の入居審査で不合格になっても、他の賃貸物件だと合格になることもあります。

まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713


≪ 前へ|八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?   記事一覧   人数と生活スタイル別!部屋の間取りを決めるポイントまとめ|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る