八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の空き家の固定資産税について解説!放置することのリスクとは?

八尾市と東大阪市の不動産の空き家の固定資産税について解説!放置することのリスクとは?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の空き家の固定資産税について解説!放置することのリスクとは?







◎空き家の固定資産税について解説 特定空き家とは


固定資産税は、不動産所有者に課せられる税金です。


不動産所有者は毎年、固定資産税を各自治体に納めることになりますが、放置されっぱなしの空き家の所有者は「空家等対策の推進に関する特別措置法」により、厳しい罰則を受けることとなりました。


自治体の判断によって「特定空き家」に認定された場合は、固定資産税が最大で今までの6倍の額になる可能性もあるのです。

 

通常、建物が何も建っていない更地の固定資産税は、「課税標準額×1.4%」となります。


一方で、1戸につき200㎡以下(小規模住宅用地)または200㎡以上(一般住宅用地)の住居用地部分である場合は、それぞれ前者が「課税標準額×6分の1×1.4%」後者が「課税標準額×6分の1×1.4%」となります。


つまり、更地ではなく戸建てなどの建物が建っている場合は、優遇措置により負担が軽減されるのです。


しかし、「特定空き家」に認定されるとこれらの優遇措置が適用されなくなり、固定資産税が6倍になってしまう恐れがあります。


◎空き家の固定資産税について解説 特定空き家対策


「特定空き家」に認定されないためには、空き家を放置せず、管理などを怠らないよう定期的なメンテナンスが必要です。


例えば倒壊などの恐れがある場合は、修繕やリフォーム、リノベーションが必要となりますし、衛生上有害となる場合は室内の清掃や雑草や庭木などの手入れをしなければなりません。



他にも、放置をすることで猫犬など動物たちの住処になる場合や、空き巣・不法投棄など犯罪の温床となる可能性も高まります。



これらの事態に対処するためには、日ごろから管理者の目が行き届く環境が最も効果的な対策に繋がります。



八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジング・・・


株式会社寿ハウジングでは、ただいま成約多数につき、売却物件不足中です。不動産売却を検討中の方は是非1度お問い合わせください。価格・引き渡し等のご相談可能です!

まずは、お気軽に何でもご相談ください!

八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市と東大阪市の不動産の築20年の一戸建ては売却が難しい?その理由と売るための方法3選   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産の住宅ローン控除とは何か|次へ ≫

トップへ戻る