八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の似ているようで異なる、建ぺい率と容積率の違いを覚える

八尾市と東大阪市の不動産の似ているようで異なる、建ぺい率と容積率の違いを覚える

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の似ているようで異なる、建ぺい率と容積率の違いを覚える






◎建ぺい率とは


まず建ぺい率についてですが、これは敷地(土地)面積に対して、どのくらいの規模の建物を建てられるか取り決めた割合です。


例えば、100㎡の土地の建ぺい率が50%と定められていた場合、家を建てるための面積として有効な広さは50㎡が上限となります。

 

この建ぺい率は、以前ご紹介した用途地域によって異なりますが、最少で30%、最高で80%の制限がかけられています。


なぜ最高数値が100%ではないのかというと、建ぺい率を100%とすると、隣の家との距離が全くなくなってしまい、採光性・通風性・防火性が著しく低くなるため。


日中でも家の中に光が全く差し込まず、通風しないため湿気がこもりやすくカビの温床となるような家では、誰だって気持ちよく暮らせるはずがありません。


もちろん、万が一お隣や近隣で火事が起きた場合は、延焼の被害を受ける危険性も高まります。


また、敷地いっぱいに家を建てるということは、駐車スペースやお庭のスペースが全くないというデメリットも。


 

そうしたデメリットを無くし、快適に暮らせる住まいにするために、80%を超える建ぺい率が認められていないのです。


なお、建ぺい率の求め方は建築面積÷土地面積×100という計算式で算出することができますので、覚えておくと便利ですよ。



◎容積率とは


続いて、容積率についてご説明しましょう。


容積率は、敷地面積に対して建築が認められている延床面積の割合です。


例えば100㎡の土地で建ぺい率が50%、容積率が100%と設定されている場合、1階と2階の延床面積をそれぞれ50㎡で建築すると、1階と2階を合わせた延床面積は100㎡となります。

 

つまり容積率は1フロア辺りの延床面積ではなく、全フロアの合計延床面積の上限割合のこと。


そのため容積率に限っては、100%を超えることも珍しくありません。


仮に、100㎡の土地で建ぺい率が70%・容積率が130%だった場合、1階の延床面積を70㎡・2階の延床面積を60㎡として建築することも可能なのです。



八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジング・・・


現在当社では、ただいま成約多数につき、売却物件不足中です。不動産売却を検討中の方は是非1度お問い合わせください。価格・引き渡し等のご相談可能です!


まずは、お気軽に何でもご相談ください!

八尾市不動産、東大阪市不動産
中古マンション、中古戸建て、土地を買うのも売るのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市と東大阪市不動産売却時は税金が発生する?種類や節税方法   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産インターネット用語を解説|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る