八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市不動産の築40年以上の住宅を売却する方法とは?放置するリスク

八尾市と東大阪市不動産の築40年以上の住宅を売却する方法とは?放置するリスク

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市不動産の築40年以上の住宅を売却する方法とは?放置するリスク





◎築40年以上の住宅が売却しにくい理由とは?



築40年以上の住宅が売却しにくいと言われる理由は、老朽化や耐震面でのリスクです。


築年数が経過するごとに資産価値が減少していき、木造住宅の場合は築20~25年でゼロになると言われています。


また、築40年以上の住宅では旧耐震基準で建てられており、現行の新耐震基準よりも地震の揺れに耐えられる強度が低くなっているのが現状です。


このような理由から築40年以上の住宅は売却しにくいとされています。


しかし、昨今は築40年以上の住宅でも売却できるケースが増えてきています。


その背景には、中古住宅が見直されていることが挙げられます。


築年数にこだわらず、本来の性能を重視しようという消費者の意識が変わってきたからです。


そのため、中古住宅の需要は高く、中古住宅でもこだわらない方も増えてきています。


築40年以上の住宅を活用や売却をせずに放置するリスクとは?


築40年以上の住宅を放置するのは、下記のようなさまざまなリスクがあるためおすすめしません。



◎固定資産税がかかる


住宅が不要でも家を所有しているだけで、固定資産税や都市計画税など税金がかかります。



◎老朽化が進む



住宅を活用せずに放置することで、さらに老朽化が進みます。


場合によっては、倒壊などのリスクも兼ね備えているでしょう。


◎強制処分を受けることも


放置したまま、管理をしていないことで「特定空き家」に指定されてしまう場合もあります。


特定空き家に指定された後も放置し続けると、解体費用の請求など強制処分を強いられることもあります。


◎築40年以上の住宅を早く売却する方法


築40年以上の住宅をなるべく早く売却する方法をご紹介します。


1、リフォームする


住宅をリフォームすることで、資産価値が高められるため早く買主が見つかる可能性があります。



2、解体して更地にする


築40年以上で古過ぎる場合は、解体して更地にするのも一つの方法です。


更地にすることで、買主はすぐに新築の建物を建てることができるといったメリットがあります。


3、古家付きの土地として売却する


建物に価値がなく、土地をメインとして売り出す方法です。


建物がほしい方と土地がほしい方の両方からの需要があるため、買主が見つかりやすくなります。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。


「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市と東大阪市の不動産売却を気付かれずにおこなうポイント!媒介契約と売却活動   記事一覧   メガシティタワーズTHE EAST/THE WEST(東棟/西棟)【購入・売却・買取】|次へ ≫

トップへ戻る