八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の自宅を査定するときに用意しておきたい購入時の書類とは?

八尾市と東大阪市の不動産の自宅を査定するときに用意しておきたい購入時の書類とは?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の自宅を査定するときに用意しておきたい購入時の書類とは?




◎自宅を査定するときに用意しておきたい購入時の書類



自宅の間取りや売買契約に関する書類を用意しておくことで、より詳細な査定結果が得られます。


たとえば、自宅を購入した際に売主と交わした「売買契約書」があれば、購入時と現在の物件状況を比較することができます。


また、不動産に関する注意事項が記載された「重要事項説明書」も裁定する際の参考になります。


1、「設計図」「間取り図」「自宅のパンフレット」などの建物の詳細がわかる書類も用意しておくことをおすすめします。


これらの書類は、査定時にすべてそろっていなくても問題ありません。


しかし、書類があることで、売却相場に近い査定結果を知ることができます。


2、自宅を査定する際に用意したい住宅ローン関連の書類


不動産を売却する際、まず確認したいのが住宅ローンの残高です。


不動産を売却する場合、住宅ローンを完済し抵当権を抹消しなければなりません。


残債がある方は、銀行に残高証明書を発行してもらうことをおすすめします。


住宅ローンの残高を把握したうえで査定を受けることで、売却価格や今後の資金計画を決める際の参考になります。


すでに完済している方は、抵当権を抹消したことを証明する書類を用意しましょう。


銀行で「抵当権解除証書」を発行する、もしくは法務局で「抵当権抹消登記」の手続きをすることで、抵当権の抹消を証明できます。


1、登記簿謄本


登記簿謄本(登記事項説明書)とは、不動産の所有権に関する情報や不動産の面積などが記載されたものです。


登記簿謄本を確認することで、不動産の所有権の所在がわかります。


登記簿謄本を査定時に用意しておくことで、より正確な情報をもとにした査定結果が得られます。


また、不動産売却時に住民票が必要になることもあります。


不動産を売却する際、不動産の所有者を変更する「所有権移転登記」が必要です。


登記簿上の住所と売主の現住所が異なる場合は、住民票または戸籍の附票が必要です。


これらの書類を査定前に用意しておくことで、スムーズに不動産売却の手続きを進めることができます。


そのほかに、売主の本人確認ができる身分証明書、土地の境界・面積がわかる土地測量図、境界確認証を用意しておきましょう。


2、土地に関する書類は、トラブルを回避するのにも役立ちます。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




八尾市不動産、東大阪市不動産
中古マンション、中古戸建て、土地を買うのも売るのもリフォームするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713





≪ 前へ|八尾市と東大阪市の空き家を売るにはどうすればよい?売却の方法やポイント   記事一覧   【売却物件大募集】藤和シテイホームズ布施の売却査定・売却相談を受付中|次へ ≫

トップへ戻る