八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の不動産のマイホーム住み替えの資金計画とは?確認したい点

東大阪市の不動産のマイホーム住み替えの資金計画とは?確認したい点

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

東大阪市の不動産のマイホーム住み替えの資金計画とは?確認したい点






◎マイホーム住み替えの資金計画で確認したいお金とは


マイホームを住み替える場合はいま住んでいる家を売却することになりますが、住宅ローンの残高があると売却できません。


そのため、住宅ローンの残高と返済計画は確認しておく必要があります。


住宅ローンを完済してマイホームを売却した際、売却価格はいくらになるかも重要です。


住み替えの際はマイホームの売却や新居の購入にさまざまな費用がかかるため、売却価格で賄えない分は自己資金を用いなければなりません。


どれだけのお金があれば住み替えができるかや、売却価格だけで対応できるかなどを把握したうえで資金計画を立てる必要があるでしょう。


◎マイホーム住み替えの資金計画で重要なポイントとは


住み替えの資金計画を立てる際は、新居の購入時に借りる住宅ローンの返済額を現実的な額に収める必要があるでしょう。


定年を過ぎても住宅ローンが残っている場合、自分の収入や預貯金で返済できる額か、よく検討しなければなりません。


同様に、購入資金の借り入れ期間もしっかり確認すべきポイントです。


長い借り入れ期間を組めるからといって最大に設定してしまうと、退職後の生活が苦しくなりかねません。


資金計画では新居の購入にかかる費用だけ計算しておけば良いのではなく、それらを支払ったうえでどう生活していくかも考えなければならないのです。


したがって、生活予備費となる預貯金もしっかり残しておくようにしましょう。


◎マイホーム住み替えの資金計画における注意点とは



住み替えで新居を購入する場合は、先に購入しておく「買い先行」と仮住まいを用意してもとの家を売却しておく「売り先行」の2つの方法があります。


1、買い先行は引っ越しが1度で済むため資金に余裕があるならばおすすめの方法ですが、元の家のローンと新居のローンを同時に払わなければならないダブルローンには注意が必要です。


2、売り先行の場合は売却価格が決定し、まとまった資金が入ってから新居を購入できます。


ただし、引っ越しの回数が増えるほか仮住まいとなる賃貸物件の家賃が発生し、なかなか新居が決まらなければいつまでも家賃を支払わなければなりません。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするにも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジング八尾本店にお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713







☎TEL 0120-884-713

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日



≪ 前へ|東大阪市の不動産売却時のリフォームは不要!リフォームしないで効果的に売却する方法   記事一覧   東大阪市不動産売却時に注意したいオーバーローンとは?調べ方や対処法|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る