八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の不動産売却時の必要書類!売却手続きのタイミング別

東大阪市の不動産売却時の必要書類!売却手続きのタイミング別

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

東大阪市の不動産売却時の必要書類!売却手続きのタイミング別







◎不動産売却時の必要書類!1.契約前



不動産売却前の必要書類は、物件のパンフレットと住宅ローンの償還表などです。


パンフレットは、物件の構造や設備の概要などが記載されているため、募集時の宣伝用チラシの作成がスムーズになります。


基本的に購入時に売主から受け取っているものですが、無くしてしまった場合は管理会社に問い合わせると良いでしょう。


しかし必ず必要というわけでもないので、安心してください。


住宅ローンの償還表は、ローン残高を把握できるため、最低でもいくらで売却する必要があるのか価格を決めるうえで参考になります。


もし、無ければ、直接金融機関に問い合わせると良いでしょう。


◎不動産売却時の必要書類!2.契約締結時


契約締結時の必要書類は、印鑑証明書・住民票・権利証・固定資産税納税通知書・建築確認済証・管理規約などです。


権利証は登記識別情報とも呼ばれ、本人確認書類として契約時に提示します。


実際に渡すのは決済時になり、抵当権や名義変更などで使用するものです。


権利証は、購入時にもらえるものですが、無くした場合は再発行ができません。


しかし、司法書士によって、本人確認の手続きをおこなうことで有効になります。


固定資産税納税通知書は、買主が支払う額を精算するために使うものです。


毎月5月頃に郵送されるため、大事に保管してください。
建築確認済証は、建築基準法を守って建てられているかを証明する書類です。


購入時に受け取るものですが、無くした場合は役所で発行できます。


◎不動産売却時の必要書類!3.決済時



決済時の必要書類は、権利証・印鑑証明書・固定資産評価証明書などで、登記の関係で必要です。


売主、買主、不動産会社のほかに当日は司法書士もおり、所有権移転登記や抵当権抹消登記を決済後に登記所でおこなってくれます。


不動産売却の際はすべて実印を使用するため、印鑑証明書が必要です。


市役所や、最近はコンビニでも取得できます。


固定資産評価証明書は、税事務所で取得でき、有効期間が発行から3か月です。


土地と建物でそれぞれ発行が必要なので、気を付けましょう。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。




「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジング八尾本店にお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713






☎TEL 0120-884-713

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日



≪ 前へ|東大阪市不動産売却で買取と仲介の違いとは?比較によるメリット・デメリット   記事一覧   東大阪市不動産任意売却をすることになった際の流れ|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る