八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市不動産の土地を売却するときの測量とは?2つの測量方法と費用相場

八尾市と東大阪市不動産の土地を売却するときの測量とは?2つの測量方法と費用相場

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市不動産の土地を売却するときの測量とは?2つの測量方法と費用相場





◎測量とは


測量とは、測量士や土地家屋調査士へ依頼して、土地の面積や高低差、隣地との境界線などを機械によって測り、図面に表すことです。


土地を売却した際に、登記簿上の面積と実際の面積が異なることによるトラブルや、隣地所有者との境界トラブルを避けることを目的としておこなうケースが大半です。


測量は義務ではありませんが、売却前に測量をしておくことにより購入者の安心につながり、高く早く売れる可能性が高まるといえます。


ただし、すでに測量をおこなっていて確定測量図と境界確認書があるのなら、売却時に測量をする必要はありません。


◎費用相場


測量には2種類、現況測量と確定測量があります。


◆現況測量


現況測量は簡易的なもので、既存の境界標やフェンス、所有者の指示をもとに境界を設定し測ることから、取引時に正式な効力を発揮しません。


現況測量をする場合、100坪以下の土地で約35~45万円が費用相場といわれています。


◆確定測量


確定測量は、隣地所有者立ち会いのもと、同意を得て境界点を確定し、そこを起点に面積を測ることから、正確・正式なものとされています。


確定測量をする場合、約40~80万円が費用相場といわれており、隣地が多い土地や国道や水路などに接している土地ほど費用が高くなります。


◎筆界特定制度とは


確定測量をおこなう際に、隣地所有者が不明であったり、何らかの理由により境界確定の立ち会いを拒否されたりした場合は、法務局に申請することで筆界特定登記官が現地の筆界の位置を特定してもらえます。


これを筆界特定制度といいます。


筆界とは、その土地が法務局に初めて登記されたときの、もともとの境界です。


筆界特定制度を利用することにより、公的な判断として筆界を明らかにできるため、正確な測量が可能となります。


筆界特定制度の利用には申請手数料のほか測量費用の負担が必要で、判断までに半年から1年程度の期間がかかります。


買取も検討してみては


このような手間や費用はかけずに早く売却したいという方は、不動産会社が直接買主となる買取も検討してみてはいかがでしょうか。


売却価格は市場相場より安くなりがちですが、条件が合えばすぐに売買契約が可能です。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市と東大阪市不動産売却でかかる住民税とは?申告の時期や計算方法   記事一覧   八尾市と東大阪市不動産の離婚した場合の不動産売却の方法は?注意点をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る