八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の不動産の住みながらでもマンション売却はできる?売却を成功させるコツ

東大阪市の不動産の住みながらでもマンション売却はできる?売却を成功させるコツ

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

東大阪市の不動産の住みながらでもマンション売却はできる?売却を成功させるコツ





マンションを売却する際に「住みながらでも売却できるのだろうか」と不安になる方は多いのではないでしょうか。


冒頭でも触れたように、マンション売却は住みながらでもおこなえます。


一般的には、空き家にしてから売り出したほうが売却しやすいといわれていますが、住みながら売却活動を進める方も多いです。


なぜなら空き家にしてから売り出すと、二重ローンのリスクがあるためです。


旧居のローン返済と住み替え費用を自己資金だけで賄えない場合は、資金捻出のため二重でローンを組まなければなりません。


そうなると、旧居と新居それぞれのローンを返済しなければならず、金銭的なリスクが生じてしまいます。


このような事情から、マンションに住みながら売却活動をおこなっている方は少なくありません。


実際に、自宅を売却した方におこなったアンケートでは「住みながら売却活動をおこなった」と答えた方が半数を超えています。


◎マンションを売却をするまでの流れ


住みながらマンション売却をおこなう場合の流れは以下のとおりです。


マンション売却を住みながらおこなう場合、余裕をもってスケジュールを立てる必要があります。


たとえ新居が決まっていなくても、引き渡し日が決まったらその日に合わせて引っ越しを完了しなければならないためです。


また住みながら売却をする場合は、生活している状態をそのまま購入希望者に見せることになるため、内覧時には家族の協力も必要です。


売却活動をスムーズに進めるためにも、同居人がいる場合は売却の手順や流れを事前に説明しておくことをおすすめします。


メリットは・・・


1.売却資金を住み替え費用にあてられる


マンション売却を住みながらおこなうと、売却資金を新居の購入費用にあてられるという大きなメリットがあります。


そのため預貯金が十分にない場合でも、旧居の売却で自己資金を増やして新居を購入することが可能です。


また、先に新居を購入して空き家の状態でマンションを売却する場合は、新居購入のために住み替えローンを組む方が少なくありません。


そうなると、旧居と新居のローン返済が重なり金銭的な負担が大きくなってしまいます。


マンション売却を住みながらおこなうと、こうした二重ローンのリスクを回避できる点もメリットの1つです。


2.内覧時に物件の魅力を伝えやすい



住みながら売却活動をおこなうと、内覧時に購入希望者と直接話す機会があるので、家の魅力を伝えやすいというメリットがあります。


購入希望者は複数の物件を比較しているため、似たような物件があれば所有者の印象が良いほうを選択する可能性もあるでしょう。


また室内に設置されている家具や家電を見て、購入希望者が生活後のイメージを膨らませやすいというメリットもあります。


購入希望者に理想的な生活イメージを印象づけることができれば、成約に繋がる可能性も高くなるでしょう。


デメリットは・・・

1.生活感が出すぎた家は売れにくい


マンション売却を住みながらおこなうメリットとして、家具や小物があることで購入希望者が生活イメージを膨らませやすいと前述しました。


しかし、あまりにも生活感が出すぎている場合は、売却しにくくなってしまうため注意が必要です。


たとえば洗濯物や子どもの利用したおもちゃなどが散乱していると、購入希望者に理想とかけ離れたイメージを与えてしまい、検討対象から外されてしまうかもしれません。


生活している以上家具を売り払うことはできないため、少しでも購入希望者に良いイメージを与えられるよう、整理整頓や掃除を徹底しておこなう必要があります。


2.スケジュール調整に手間がかかる


住みながらマンション売却をするデメリットの1つに、内覧のスケジュール調整に手間がかかることが挙げられます。


内覧の予約はいつ入るかわかりません。


「これから内覧しても良いですか」と当日急に予約が入ることもあります。


とくに内覧は土曜日や日曜日に集中するため、休日の予定を制限されてしまうかもしれません。


また、内覧予約が入るたびに部屋の掃除や片付けをしなければならず、手間に感じる方もいらっしゃるでしょう。

◎早く、次の入居者を決める方法は・・・


1.スケジュールを空ける


マンション売却をスムーズに進めるには、できるだけ多くの購入希望者に内覧してもらうことが大切です。
前述したように、内覧予約は土曜日や日曜日に集中します。


より多くの購入希望者に内覧してもらうためにも、売却期間中の週末はなるべくスケジュールを空けておくようにしましょう。


とくに内覧時には日当たりを気にする方が多いため、日中の時間帯でスケジュールを調整するのが望ましいです。


2.内覧に備えて自宅をきれいにする


どんなに好条件の物件であっても、内覧時の印象が悪いとなかなか成約には繋がりません。


内覧から成約に繋げるには、部屋の整理整頓や掃除を徹底しておこない、印象を良くすることが重要です。


とくにキッチンやトイレ、お風呂などの水回りは生活感が出やすいため、重点的に掃除をしておきましょう。


また、部屋のにおい対策も忘れてはなりません。


生活しているご自身は気にならなくても、来客者からするとにおいが気になるということは多いです。


定期的に窓を開けて換気するほか消臭剤や芳香剤を活用して、内覧時に良い印象を与えられるようにしましょう。


3.新居探しも並行しておこなう


マンション売却を住みながらおこなう場合、引き渡し日が決まったらその日までに退去しなければなりません。


引き渡し日までに新居が決まらなければ仮住まいを用意する必要があり、家賃や引っ越し費用などのコストがかかってしまいます。


そうならないためにも、旧居の引き渡しまでに新居の引っ越しを済ませておくのが理想的です。


希望の条件で新居がすぐに見つかるとは限らないため、旧居の売却活動と並行しながら新居探しもおこなっておきましょう。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするにも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジング八尾本店にお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713






☎TEL 0120-884-713

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日



≪ 前へ|東大阪市の生活保護を受給するための不動産売却について   記事一覧   東大阪市の二世帯住宅は売れにくい?不動産売却を円滑にするコツ|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る