八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市不動産売却時の理由別の注意点とは?住み替え・離婚・相続について

八尾市と東大阪市不動産売却時の理由別の注意点とは?住み替え・離婚・相続について

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市不動産売却時の理由別の注意点とは?住み替え・離婚・相続について






不動産売却時の理由別の注意点とは?


住み替えの場合


住み替えを理由に不動産売却をする場合の注意点は、売却と購入のタイミングが重要な点です。


売り先行は、先に家を売却してから新居を購入する方法です。
売り先行には、資金計画が立てやすくなるメリットがあります。


しかし、住みながら内覧に対応しなければならず、引き渡しまでに新居が決まらない場合は、仮住まいが必要なため費用の負担が大きくなります。


買い先行は、新居に引っ越してから家を売却する方法です。


仮住まいを用意する必要はありません。


家を空き家にしてから売却できるため、購入希望者がゆっくりと内覧することができます。


しかし、ダブルローンの状態になるため注意が必要です。


現実的には難しくなりますが、家の売却と新居の購入を同時に進める方法がおすすめです。


不動産売却時の理由別の注意点とは?


◎離婚の場合


離婚を理由に不動産売却をする場合の注意点は、財産分与が必要な点です。


財産分与とは、婚姻期間中に夫婦で築いた財産を夫婦で均等に分けることです。


不動産の場合は、売却して売却代金を夫婦で分配するほうが、トラブルが起きにくくなるでしょう。


◎不動産売却をするタイミングも重要です。


離婚前に不動産売却をおこなっておくと、離婚後に元の配偶者と連絡を取る必要がなくなり、トラブルを回避できる可能性があります。


しかし、離婚前はさまざまな手続きなどで慌ただしいため、離婚後にゆっくりと不動産売却をするほうが、希望価格で売却できる可能性が高くなるでしょう。


不動産売却時の理由別の注意点とは?相続の場合

相続を理由に不動産売却をする場合の注意点は、亡くなった方の名義のままでは、不動産を売却できない点です。


◎相続後は、すぐに名義変更をおこないましょう。


売却代金で相続税を支払う場合は、相続開始から10か月以内に相続税を納める必要があります。


遺産分割協議には通常2~3か月程度かかりますが、急いで不動産売却しようとすると、価格交渉で不利な状況になる可能性がある点にも注意しましょう。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|八尾市と東大阪市の不動産の空き家の害虫の駆除方法とは?被害の原因について   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産の空き家にかかる固定資産税の計算方法と特定空家について|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る