八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の実家じまいとは?その流れと実家の処分方法について

八尾市と東大阪市の不動産の実家じまいとは?その流れと実家の処分方法について

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の実家じまいとは?その流れと実家の処分方法について





実家じまいとは


全国的に増えている空き家は社会問題になっていますが、その対策のひとつとして実家じまいに注目が集まっています。



実家じまいとは、親が元気なうちに実家を処分し、親が亡くなったあとの空き家トラブルを防いだり、より快適な住居に住み替えたりすることです。



親が亡くなってから相続財産を売却しようとすると、相続税控除のための申告期限があるために足元を見られて、安く買いたたかれてしまうかもしれません。


また、親が認知症になってしまったり、体が弱ってしまってからでは実家を売却することも苦労することでしょう。


そうならないためにも、親が元気なうちに実家を処分する実家じまいは注目を集めています。


◎実家じまいをする理由


親が亡くなったり老人ホームに入ったりすることで、実家が空き家になってしまうと、その管理の手間や費用負担は大きなものです。


そのような未来にならないようにすることが、実家じまいの理由のひとつです。


また、実家が古ければ住み心地も悪くなり、親が高齢になれば少しの段差も転倒事故の原因になりかねません。


そのうえ、実家の立地が車の利用を前提としているのなら、高齢の親に自動車の運転させることも懸念材料となるでしょう。


実家を処分して、便利な立地でバリアフリーのマンションなどに引っ越して快適な老後生活を送ることも、実家じまいの理由です。


子どもが実家から離れて住んでいるのであれば、近くに引っ越すことも良い方法だといえるでしょう。


◎親族間で話し合う


実家じまいをする前に必要な準備として、親族間の意思統一は不可欠です。


将来的に実家に戻る予定や、実家に戻る可能性がある親族もいるので、親族での話し合いをしておく必要があります。


自分自身もそれらの可能性があるかないかを見極めしてから実家じまいに取り組むべきです。


もちろん親の意思も大切だと言えます。


例えば農家を営んでいたり、現役で働いているなど、実家を離れられない理由もあるでしょうし、実家を離れたくないと考えているかもしれません。


実家じまいが合理的だからといっても、親が乗り気でなければ無理に進めることはできません。


そういうときは、親族同士で今の状況を整理して話し合っておき、近い将来の状況をシミュレーションをしておくだけでも意味があるでしょう。


◎親の財産状況を把握しておく


親が所有している財産が実家と預貯金だけであれば大きな問題にはなりませんが、ほかに不動産を所有している場合には、実家じまいに影響が出ることもあります。


実家だけを処分したところで、実家の近くにほかの不動産を所有していれば、その管理についても検討しなくてはなりません。


実家じまいをすることで誰が何を相続するのかにも影響が出るので、準備として親の財産状況を把握することは必要なことです。


また、親が亡くなり実際に相続が発生したときにも、財産状況を把握して銀行口座がどこにあるかなどの情報を知って準備できていれば、相続の手続きも滞りなく進められるでしょう。


◎住み替え先を検討する


住み替えは実家じまいの目的ですが、どういった方法でどこに住み替えるのかは重要です。


賃貸物件を借りるにしても賃借人の年齢が高齢になると、入居を敬遠する賃貸物件オーナーも少なくありません。


その場合に物件をどんな方法で借りるのかも検討しておく必要があります。


新たにマンションを購入するにしても、実家を売却してから購入するのか、先に購入してから実家を売却するのかなどの順序も重要でしょう。


もちろん物件の売却価格にもよるので、実家じまいをするときには不動産会社への査定依頼も必要です。


親が将来的に老人ホームへの入所も検討しているのであれば、実家じまいのタイミングも確認する必要があります。


すぐに実家を処分して賃貸物件に住み替え、そこから老人ホームに入所するのでは手間がかかるかもしれません。


しかしながら、いつ老人ホームに入所するかは分からず、建物も時間とともに老朽化は進むので、実家じまいをするタイミングと準備については慎重に見極めましょう。

1.実家処分の方法とは


実家じまいをするためには、実家を売却することが一般的です。


売却するのであれば一般的な不動産売却と同様で、不動産会社に査定依頼、売却依頼の媒介契約、売買契約、引渡しの順序です。


そのとき査定に影響するのは実家の築年数や状況です。


築年数が浅かったり、こまめにメンテナンスがされていて建物が十分に利用できるならば中古住宅として売却できます。


しかし、築年数が古く建物の老朽化が進んでいる場合には、土地として売却することもあります。


土地として売却するにも、建物を解体せず古家付き土地として売却する方法や、解体して更地として売却する方法があります。


どちらの方法で不動産売却するにしても住み替えが必要ですが、更地にして売却するのならば解体前に住み替えが必要です。


また、どの方法にしても家具や家電などの荷物の処分についても検討が必要です。


2.荷物の処分も検討する


実家にある荷物は親だけで処分方法は決められないため、親族で事前に話し合って検討しておきましょう。


実家にある荷物の中には、親族によっては残しておきたいものもあるかと思います。


荷物を処分する前に、一度は親族で集まっておくことをおすすめします。


荷物処分の話し合いに参加できない親族がいるときは、欲しいものはないか、処分したあとでも文句をいわないことの確約、費用負担について事前に確認しておきましょう。


親族で集まったとき、残しておきたいものがあるならばその段階で引き取ってもらったり、後日引き取れるように付箋をつけたりなど、記録をまとめておくと良いでしょう。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|八尾市と東大阪市の特定空き家とは?認定基準や認定された場合のリスク   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産の遺産分割協議の進め方とは?トラブル事例や解決策|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る