八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市不動産の一部を分筆して売却する方法について

八尾市と東大阪市不動産の一部を分筆して売却する方法について

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市不動産の一部を分筆して売却する方法について





不動産を分筆して売却できる分筆とは


分筆とは1つの土地を、複数の土地に分けて登記することです。


1つの土地に複数の所有者がいる際に用いられる方法で、相続が起こったときに行われることもあります。


似たようなものとして分割がありますが、分割は登記上では1つの土地として登記されたままの状態です。


そのため分筆せずに分割のままだと、一部分だけを売却することはできません。


不動産を分筆して売却するメリット


次に分筆のメリットをご紹介します。


1.異なる地目の設定ができる


1つの土地には1つしか地目の設定ができませんが、分筆することで2つの異なる地目を設定することが可能です。
今まで地目が農地だったため家を建てられなかったとしても、分筆して宅地として登記すれば、家を建てられるようになります。


2.土地の一部だけを売却することができる


複数人で相続した土地で、自分の持ち分だけ売却したい、使っていない土地を一部売却したいといったことも、分筆することで可能になります。


3.個別に住宅ローンを組むことができる


複数の所有者がいる土地で、1人が家をローンで建てた場合、土地全体が担保となってしまいます。


分筆していれば、家を建てた土地のみが担保となるので、所有者同士のトラブルも回避できます。

◎分筆を行う際には、いくつかの注意点があります。


1.分筆案を作成する時に、接道の確認が必要です。


建築基準法では、幅員4m以上の道路に2m以上接していなければならないという接道義務を設けています。


接道義務に違反していると、再建築ができない土地、再建築不可物件となってしまいます。


また接している道路が私道である場合は、使用許可が無いと、その道を利用することができません。


2.土地の用途地域も確認しなければなりません。


売却したい土地が市街化調整区域に指定されている場合、建築に規制がかかることが多いので、分筆しても売却できない可能性があります。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713




≪ 前へ|八尾市と東大阪市の不動産の土地の名義変更が必要なタイミングとは?自分でも手続きする方法   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産の住宅ローンを滞納してしまった!競売までの間に不動産売却するには?|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る