八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の不動産の離婚で家を財産分与する方法と手続きとは?そのまま住み続けるメリット

東大阪市の不動産の離婚で家を財産分与する方法と手続きとは?そのまま住み続けるメリット

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

東大阪市の不動産の離婚で家を財産分与する方法と手続きとは?そのまま住み続けるメリット





普通に生活をしていても、何かがきっかけになり離婚に至るということは残念ながらありえることです。

通常離婚した場合に、夫婦の財産というのは二人のものであり、持ち分も同じです。

仮に夫が働いていて、妻が家事をしているという場合でも、財産は夫婦で築いた財産ということになります。

現金などは数字が明確ですが、家などの不動産の場合は2分割することが物理的に難しいので、一般的には不動産を売却して、売却で得た現金を2等分する流れとなります。

ただし、デメリットとしては自宅の売却ということもあり、次の住居を探す必要があるということです。

その他に引越し先の家電の購入などもあり、子どもがいる場合は転校手続きの他、子供の精神的な負担についても考慮に入れる必要があります。

また、売却したのはいいけれども、売却代金が残債を下回る場合には、債務が残りますので、その点は注意をしないといけません。

◎次に離婚した場合の財産分与の流れについて説明します。

1.自宅の名義を調べます。

通常は夫が単独で所有していることが多いですが、夫婦で共有名義にしていることもあるので、まずはどういう状態になっているのか、法務局で登記事項証明書を取得して権利関係を確認しましょう。

2.住宅ローンの状態です。

住宅ローンでチェックするのは、住宅ローンの名義と残債がいくら残っているのかということです。

住宅ローンの名義は、登記事項証明書や住宅ローン契約書の控えで確認が可能です。

ローンの残債額については、正確な金額は金融機関から取得することや、金融機関から送られてきている返済予定表で確認することもできます。

自宅の名義とローンの状態がわかったら、現在の自宅の価格がいくらなのか、信頼できる不動産会社に査定をしてもらうようにしましょう。

以上の点で夫婦が話し合いをして、どういう処理をするのかということを決めるのですが、ここで注意しないといけないのは、財産分与の対象となるのは夫婦の財産ということです。

たとえば、不動産を購入する際に、ご自身の今まで貯めてきた貯金を使った場合や、親から援助を受けたという場合は、夫婦で築き上げた財産ではありません。

このような財産のことを特有財産というのですが、その場合は不動産の評価額から特有財産を差し引いたものが、財産分与の対象となるので、注意が必要です。

これらの情報をふまえたうえで、夫婦でどのように財産を分与するのか話し合うことになりますが、住宅ローンの残債が不動産の評価額より上回る場合は注意が必要です。

評価額で残債を返済できない場合は、不足分をどうするのかという問題が発生します。

また、夫婦間で話し合いをしても話がまとまらない場合は、家庭裁判所の判断を仰ぐことになりますが、裁判費用や時間がかかりますので、できれば夫婦間で問題を解決することをおすすめします。

不動産を所有している場合に売却して財産分与するという方法のほか、離婚後も同じ家に住み続けるという方法もあります。


ここでは不動産は夫の名義で、離婚後は妻が子ども引き取るというケースでメリットとデメリットについて考えていきましょう。


メリットについては・・・


1.夫婦の間に子どもがいた場合、転居することはないので、子どもへの負担は大きくならないという点が大きなメリットの1つといえます。



通常、転校ということになると、子どもにとっても新しい環境というのは精神的な負担が大きいものですが、引っ越しがない場合には転校することがないので、そういう問題は発生しません。


また、妻は家賃を夫に払わないといけませんが、夫から妻へ払う養育費と相殺できるので、経済的な負担を小さくすることが可能です。


また、住宅ローンも現在は低金利ということもあり、物件によっては賃料よりも安い場合もあります。


さらに、住宅ローンには団体生命保険に強制加入しているので、仮に住宅ローンの名義人が死亡した場合でも、相続人はローンの返済はなくなるので、家という資産を所有することができます。


デメリットについて


次にデメリットについてお話をします。


1.住宅ローンの名義は夫で、妻が住み続けることになった場合に、夫がローンを延滞した場合には差し押さえなどの強制執行の対象になるので、その場合最終的に新しい所有者から追い出される可能性があります。


その他に、母子家庭の場合に行政から手当が支給されるのですが、この手当には所得制限があり、夫名義の家に住み続けていることで、夫から住まいの費用を援助してもらっているとみなされた場合、手当が支給されない可能性もあります。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


#八尾市不動産売却・買取

#東大阪市不動産購入なら

#株式会社寿ハウジングまで・・・


ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジング八尾本店にお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713






☎TEL 0120-884-713

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日



≪ 前へ|東大阪市不動産の空き家で火災が発生する原因は?対策や持ち主の責任   記事一覧   東大阪市の不動産売却時の所得税とは?所得税や確定申告の基礎知識|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る