八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 東大阪市の不動産売却に悪影響を与える心理的瑕疵とは?影響の大きさや告知義務

東大阪市の不動産売却に悪影響を与える心理的瑕疵とは?影響の大きさや告知義務

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

東大阪市の不動産売却に悪影響を与える心理的瑕疵とは?影響の大きさや告知義務





不動産売却価格に悪影響を与える心理的瑕疵とは?


不動産売却価格に多大な悪影響を与える心理的瑕疵(しんりてきかし)とは「購入をためらうほど心理的に強い抵抗感を感じる瑕疵」を指します。


わかりやすい心理的瑕疵の例として挙げられるのが、自殺や焼死・変死・殺人そして孤独死など発見が遅れた死です。
つまり、世間的に事故物件と呼ばれる物件が心理的瑕疵のある物件にあたります。


不動産売却において売主は買主に対してあらゆる瑕疵を告知する義務があり、当然ながらこの心理的瑕疵にも、告知義務が存在します。


1.心理的瑕疵の存在が不動産売却金額与える影響


心理的瑕疵の存在が不動産売却の金額に与える影響の度合いは、心理的瑕疵の内容などによって異なります。


売却金額への悪影響がとくに大きいのは殺人事件で、この場合は相場の50%またはそれ以下の金額となってしまう可能性があります。


2.その他の心理的瑕疵はおおむね相場の2~3割安、というケースが多いですが、たとえば焼死者が出たうえに建物も全焼といったケースでは相場の50%以下になる可能性もあるでしょう。


◎不動産売却時における心理的瑕疵の告知義務とは


心理的瑕疵の告知義務の時効は、不動産売却においては存在しません。


つまり、一度心理的瑕疵が発生した物件には、いつまでも告知義務がつきまとうということです。


ただし「物件内での死=心理的瑕疵」とは決めつけられません。


国土交通省が発表した人の死の告知に関するガイドラインでは、老衰や持病による病死などの自然死および転倒や誤嚥など日常生活の事故による死は心理的瑕疵に該当しないという趣旨の解釈がなされています。


◎心理的瑕疵に該当しない死因であれば、告知義務もありません。


しかし、これらの死因であっても発見が遅れて特殊清掃や大規模リフォームが必要となった場合やニュースに出てしまった場合は心理的瑕疵扱いとなり、告知義務が発生するため気を付けましょう。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジング八尾本店にお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713





☎TEL 0120-884-713

営業時間:9:00~19:00  定休日:水曜日



≪ 前へ|東大阪市自宅不動産売却時に必要な「付帯設備表」の概要と注意点   記事一覧   東大阪市の不動産の空き家を持ち続けるリスクと処分・売却時の注意点|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る