八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の離婚で財産分与をする場合に家に住み続けるためのポイントとは?

八尾市と東大阪市の不動産の離婚で財産分与をする場合に家に住み続けるためのポイントとは?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の離婚で財産分与をする場合に家に住み続けるためのポイントとは?





◎離婚後に家に住み続ける場合の財産分与



離婚しても、仕事や子どもの通学などの事情でどちらかが持ち家に住み続けるケースがあるでしょう。


しかし土地や建物は高額な資産の一つなので、財産分与にあたって公平な分割が難しいケースは少なくありません。

◎不動産以外の共有財産がある場合


どちらかが家に住み続けるなら、転居するほうは不動産以外の財産(現預貯金・金融資産など)を受け取る方法があります。


財産分与の割合は双方の合意で決まるため、どちらかに偏って分配されても双方が納得していれば問題ありません。

◎主な共有財産が不動産だけの場合



夫婦の共有財産が不動産だけだったり、他の財産が著しく少なかったりする場合があります。


このとき、住み続けるほうが個人の財産から差額分を補填する方法が考えられるでしょう。


あるいは離婚による慰謝料や、養育費と相殺するといったパターンもあります。


◎名義人の変更を伴う場合



名義人でないほうが住み続ける場合、不動産や住宅ローンの名義変更が必要です。


たとえば夫名義になっているなら、不動産を妻名義に変更し、住宅ローンの借り換えも必要です。


もし名義変更しないままでいると、ローンの返済が滞ったり、名義人が勝手に家を売却したりするリスクがあります。


◎離婚時に家や土地を財産分与するときの注意点



離婚時に家や土地を財産分与する際は、いくつかの注意点があります。



1.オーバーローンの場合



売却金で住宅ローンを完済できるアンダーローンであれば、売却後に残ったお金を財産分与します。


注意したいのが住宅ローンを完済できない、オーバーローンの状態だったときです。


不足分は現金で補填しなければならないため、財産分与できる現金が減ってしまいます。


2.贈与税がかかることがある



どちらかが住み続ける場合、持ち家の価値があまりにも高すぎると贈与税が発生する場合があります。


しかも贈与税に該当するかどうかは税務署が判断するため、明確な線引きはありません。


そこで離婚時の財産分与で、どちらかに大きく偏った分与になるときは弁護士や税理士などに相談するのがおすすめです。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・

ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|八尾市と東大阪市の中古マンションを高く売却するコツやノウハウ   記事一覧   八尾市・東大阪市の不動産売却時の仲介手数料の相場とは?仲介手数料の基本から上限額|次へ ≫

トップへ戻る