八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市・東大阪市のマンション売却における固定資産税の精算方法は?時期や注意点

八尾市・東大阪市のマンション売却における固定資産税の精算方法は?時期や注意点

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

マンション売却における固定資産税の精算方法は?時期や注意点





納税義務者は誰?


先述したとおり、マンションにおける固定資産税の納税義務者は、1月1日の時点の所有者です。
マンションを売却すると、所有権が売主から買主に移りますが、その年は売主が負担しなければなりません。
毎年4月~5月頃に、売主の名前で納付書が送付されます。


日割りで精算するのが一般的

マンション売却の際、固定資産税は日割りで精算し、売主と買主それぞれが負担するのが一般的です。
1月1日時点の所有者に納税義務があるとはいえ、引き渡し後も売主が負担するのは不合理といえます。
まずは売主が全額負担し、引き渡し日(所有権の移転日)以降は、買主が負担するケースが多いです。
マンション売却で固定資産税を精算する際は、下記の計算式を用います。
固定資産税の金額×所有日数÷365日
契約書には「引き渡し日をもって区分する」といった内容を記載するのが一般的です。
また、マンションがあるエリアによって起算日が異なる場合があります。
起算日は法律で決められている訳ではないため、売主と買主の話し合いによって決めることも可能です。
お互いにこだわりがなければ、そのエリアの慣習に従うのが一般的といえるでしょう。
ちなみに、関東地方は1月1日、関西地方は4月1日となるのが一般的です。


八尾市の場合、4月1日となるため、精算する際は注意なさってください。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・


住宅ローン無料相談会実施中!


株式会社寿ハウジングでは、経験豊富なスタッフが、お客様のライフプランに最適な、提案をさせていただきます。

詳細は下記リンク先にございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

株式会社寿ハウジングの住宅ローン無料相談会を確認してみる





◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|八尾市・東大阪市の空き家の種類とは?増加率や放置するリスク   記事一覧   八尾市・東大阪市の離婚時のマンションに残債がある場合の扱い方や売却方法|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る