八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市・東大阪市の市街化調整区域では不動産買取がおすすめ!売却しにくい理由

八尾市・東大阪市の市街化調整区域では不動産買取がおすすめ!売却しにくい理由

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

市街化調整区域では不動産買取がおすすめ!売却しにくい理由






市街化調整区域とは


市街化調整区域とは「市街化を抑制すべき区域」のことです。
利便性や商業施設の充実よりも自然や景観を重視しているため、新たな建設や増築には行政の許可が必要になります。
「市街化調整区域」と特徴が対照的なのが「市街化区域」です。
市街化区域とは、街を活性化するために活用するエリアのことで、インフラや商業施設などを優先させるべき地域です。
積極的に開発することで、利便性の向上を重視しています。


市街化調整区域の特徴


市街化調整区域は、新たな建設や増築などが制限されるため、土地の価格が安いのが特徴です。
しかし、土地の評価額自体が下がっているため、固定資産税も安いなどのメリットもあります。
また、市街化区域に比べると交通量も比較的少ないエリアのため、騒音に悩むことなく静かに過ごすことが可能です。
一方で、市街化調整区域は、農業や林業などをおこなう自然を優先としているため、駅やスーパーマーケット、学校などの施設までの距離が遠い点がデメリットです。

市街化調整区域が必要な理由

市街化調整区域が必要な理由は、住環境や自然の保全に配慮のなされない開発を防止するためでもあります。
たとえば、農業が盛んにおこなわれている地域に、ビルや住宅地、商業施設などを建築すると農地が失われていく可能性があります。
このように、乱開発が進まないようにするために、市街化調整区域が必要というわけです。



市街化調整区域の売却が難しい理由・・・


インフラの環境整備がされていないから

市街化調整区域は、市街化区域のように水道・電気・ガスなどのインフラが整っていません。
そのため、自分でインフラ整備をおこなう必要が出てきます。
公道が近くにある場合は水道が使えることがありますが、下水道は整備されていない可能性があります。

開発許可を得る必要があるから

市街化調整区域では、新たな建物を建設する際や建て替えをおこなう際も行政の許可を得る必要があります。
そのため、不動産を購入しても開発許可の取得のために多大な手間を強いられることになります。

住宅ローンが組めない可能性がある

市街化調整区域にある不動産だと、住宅ローンを組めない可能性がある点も売却しにくい理由の1つです。
その理由は、市街化区域に比べて金融機関からの担保評価額が低くなってしまうからです。
不動産を購入しようとしても住宅ローンを組めなければ、現金で一括購入するしか手段がありません。
しかし、実際に現金一括で購入することは難しいため、売れにくくなってしまいます。

生活の利便性が悪いから

市街化調整区域は、インフラ環境だけでなく、生活に必要なコンビニエンスストア、スーパーマーケット、駅などが近くにはありません。
つまり、利用するためには遠くまで行く必要があるため、非常に不便に感じることがあるでしょう。
日常生活に必要な施設が建設できない点は、売れない原因の1つです。

仲介での売却よりも買取がおすすめ

市街化調整区域では、インフラ環境がなかったり開発許可の申請が必要であったり、さまざまな理由により売却しにくいのが現状です。
一般的に仲介では不動産会社が買主を探しますが、この方法では売却は難しく売れ残り続ける可能性が高いでしょう。
そこで、おすすめなのが不動産買取です。
不動産買取とは、直接不動産会社へ売却する方法です。
個人の買主を探すのではなく、不動産会社が買取します。
不動産会社が買い取るメリットは、売却活動をして買主を見つける必要がないため早期売却が可能なことです。
すぐに売却でき、なおかつ短期間で現金化できるため、売れ残る心配も不要です。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取なら株式会社寿ハウジングまで・・・


住宅ローン無料相談会実施中!

株式会社寿ハウジングでは、経験豊富なスタッフが、お客様のライフプランに最適な、提案をさせていただきます。

詳細は下記リンク先にございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

株式会社寿ハウジングの住宅ローン無料相談会を確認してみる





◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|八尾市・東大阪市の建売住宅の諸費用とは?費用の内訳と節約方法   記事一覧   八尾市・東大阪市の不動産相続登記にかかる費用は経費に計上できる?経費にする際の注意点|次へ ≫

トップへ戻る