八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 奥様に必見!家事を楽にする間取りは何か?

奥様に必見!家事を楽にする間取りは何か?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)



奥様に必見!家事を楽にする間取りは何か?



  • リビング・ダイニング一体型や対面・直列キッチンカウンターがおすすめ

築年数の古い物件では、台所とリビングが別の部屋として区切られた間取りをよく見かけます。

来客の多い家庭や料理の専門家などには便利な間取りですが、家族のために食事の準備をするための一般的な用途であれば、リビング・ダイニングとキッチンを一室にする、もしくは繋がりを持つようにリフォームするのがおすすめ。配膳などの動線が短くなり、家事が楽になります。

 

近年は対面カウンターやダイニングテーブルと直列にキッチンカウンターを配置するなど、配膳や片付けが楽になる間取りが充実しています。キッチンメーカーのショールームなどで使い方を体感しながら検討してみましょう。

 

  • パントリーがあると収納に困らない

一方でこのようなダイニングと一体化したキッチンにすると欲しくなるのがパントリーです。

ゴミ箱・米・野菜・酒類・掃除用具・水や飲料のストックなどは、キッチンの中に収まり切らないかもしれません。そのようなとき、半畳の広さでも収納できる棚を備えたパントリーがあると重宝します。防災の面からも、水や缶詰など非常食を多めに保管できるスペースがあるので安心です。

 

  • 勝手口や土間もあると便利

さらに余裕があれば、外に出る勝手口があるとよいでしょう。室内では臭いの気になるゴミ箱などを外に置けますし、ゴミ出しそのものも楽になります。半畳ほどの土間スペースがあれば、漬物や野菜の保管場所としても使えます。

 

  • 家具や食器棚の新調なら低予算で使い勝手アップできる

また家具や食器棚の収納力も大切です。コンロや流しを含むキッチンカウンターのリフォームは水道やガスの工事が必要なため高額になってしまいますが、食器棚や家電収納の新調であれば比較的安い予算で新しくすることができます。また、建具を新しくしなくても引き出しの中や冷蔵庫の中を100円ショップの仕切りトレーや保管容器で整理すると、使いやすくなったり収納力がアップしたりします。大掛かりなリフォームができなくても、ちょっと意識を変えて工夫してみることが大切です。






まずは、お気軽に何でもご相談ください!



住宅ローン無料相談会実施中!

寿ハウジングでは、経験豊富なスタッフが、お客様のライフプランに最適な、提案をさせていただきます。

詳細は下記リンク先にございますので、お気軽にご連絡くださいませ。

寿ハウジングの住宅ローン無料相談会を確認してみる





◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713

≪ 前へ|賃貸物件の内見準備!内見には何が必要?   記事一覧   東大阪市【アービング布施】の売却物件大募集中!|次へ ≫

山田崇 最新記事



山田崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る