八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾・東大阪市の譲渡所得を算出するために必要な取得費・譲渡費用は?

八尾・東大阪市の譲渡所得を算出するために必要な取得費・譲渡費用は?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾・東大阪市の譲渡所得を算出するために必要な取得費・譲渡費用は?








譲渡所得を算出するためには、住宅の売却額から“取得費”と“譲渡費用”を差し引く必要があります(一定の要件を満たしている場合は、さらに特別控除額が差し引かれることになります)。

 

  • 取得費とは

住宅・土地の購入の際にかかった費用(手数料を含む)、建築費用、住宅設備や改良にかかった費用などを合計したものです。住宅の場合にのみ、購入代金や建築費用から“減価償却費相当額”が差し引かれることになります。


 

減価償却とは、購入代金を一気に計上するのではなく、購入物を利用する期間で配分して計上するという考え方のことをいいます。

 

  • 譲渡費用とは

不動産売却を行ううえで直接かかった費用全てを指します。例えば、不動産売却において支払った仲介手数料、売主である自身が負担した印紙税などです。

 

これらを合計し、住宅の売却額から差し引いた金額が“課税譲渡所得金額”です。この課税譲渡所得金額に税率をかけることで、譲渡費用が算出されます。なお、かける税率は住宅を所有していた期間により異なり、長期の場合は15%、短期の場合は30%となります。

 

不動産売却を利用した際は、この方法で算出された譲渡所得を支払うことになります。


概算取得費を用いれば、取得費不明の場合も安心


不動産売却を行ったのはいいものの、譲渡所得の確定申告に必要な取得費が分からないというケースは少なくありません。例えば、住宅を購入してから長い年月が経っているという方もいるはずです。それが、先祖、両親、と代々受け継がれてきた住宅を売却するとなれば尚更です。

 

こうした取得費不明の際には、住宅を売却したことで得たお金の5%相当が取得費ということになります。住宅が3,000万円で売れたのであれば150万円、2,000万円で売れたのであれば100万円が取得費ということです。これを、“概算取得費”といいます。


 

ちなみにこれは、取得費不明でなくても適用されるケースもあります。そのケースが、“住宅の売却額の5%相当”と“実際の取得費(つまり住宅・土地の購入の際にかかった費用)”を比較した際、後者の金額が下回っていた場合です。そのため、取得費不明の場合もそうでない場合も、概算取得費について一度考える必要があるといえます。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。

・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい


などなど、寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから




◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713





≪ 前へ|八尾・東大阪市マンションを売りに出そうとしたら競合物件がいっぱい!!!   記事一覧   急な転勤で家を売りたい!困ったときに早期に不動産を売却する方法|次へ ≫

山田崇 最新記事



山田崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る