八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の申込み後のキャンセルはできる?

賃貸物件の申込み後のキャンセルはできる?

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

賃貸物件の申込み後のキャンセルはできる?









賃貸物件の申込み後のキャンセルはできる?




賃貸物件を借りるためには、まず「申込み」という手続きを経てから「契約」に進みます。
それぞれの手続きの内容は、以下の通りです。

・申込みとは?


賃貸物件は、入居をしたいという意思表示として、入居申込書を提出します。その後、提出された申込書の内容を大家さんや管理会社が確認する入居審査を行います。審査を経て問題がないと判断されれば、重要事項説明を受けて契約に進みます。

・重要事項説明とは?


契約前に、重要事項説明を受けます。これは宅地建物取引士の資格を持った担当者が、契約する物件の仕様や規約について、書面をもとに口頭で説明をしてくれるというものです。気になることがあればこの時点でしっかり確認しておきましょう。

・契約とは?


特に問題がなければその後、契約内容を改めて確認します。納得できたら、契約書に署名・捺印をしましょう。

通常、申込みの段階であればペナルティなしでキャンセルできるという取り扱いが一般的ですが、以下のような理由からトラブルになるケースもあるため注意が必要です。

「契約成立」の定義は様々


多くの不動産会社では、契約は当事者双方が賃貸借契約書へ署名・捺印をした時点で成立するとしています。

しかし、厳密にいうと法的には双方の合意が取れていれば、契約書への署名・捺印の有無に関わらず、契約は成立します。

これを「諾成契約」といいます。

そのため、大家さんが入居を承諾した時点で契約成立とみなしたり、申込みイコール契約成立とみなすような不動産会社もあるため注意が必要です。
このようなトラブルを避けるためにも、申込みをする際にはキャンセルした場合の取り扱いについて、事前に不動産会社に確認しておきましょう。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713


≪ 前へ|一人暮らしのテレビの選ぶポイントは?   記事一覧   八尾市マンション賃貸オーナー様に知ってほしい、窓ガラスの種類について|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る