八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市と東大阪市の不動産の自宅の遮音とは?住まいの防音対策を考えるポイント

八尾市と東大阪市の不動産の自宅の遮音とは?住まいの防音対策を考えるポイント

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

八尾市と東大阪市の不動産の自宅の遮音とは?住まいの防音対策を考えるポイント






1、騒音トラブルを回避しよう

マンションやアパートなどの集合住宅において、「騒音」は身近なトラブルです。人によって音を「うるさい」と感じる基準は異なるため、騒音トラブルを解決するのは、非常に難しいことといえます。いくら自分では静かに暮らしているつもりでも、周りからは「生活音がうるさい」と思われているおそれがあります。



したがって、騒音トラブルは被害者・加害者のどちらにもなり得る可能性があるため、注意が必要なのです。賃貸物件での暮らしを快適に続けるのであれば、騒音を出さない、また騒音を感じにくい住まいづくりを心がけるのが重要です。



◎防音対策は2パターンある


そもそも防音とは、どのような意味を持つのでしょうか。防音とは、簡単にまとめると外の音が室内に入ったり、室内の音が外に漏れたりするのを防ぐことを指します。そのため、防音は具体的な方法論のことではなく、概念的なものです。具体的な防音対策としては、「遮音」と「吸音」の2つの方法があります。



1、遮音とは


遮音とは空気中を伝わる音を遮断し、音が外へ漏れないようにすることを指します。遮音は防音対策のなかでも、手軽に行えるのが特徴です。なお、遮音対策として多く使われる素材には、「コンクリート」「石膏」などが挙げられます。遮音は壁などで伝わってくる音を跳ね返し、防音するというメカニズムです。



したがって、外に漏れる音の大きさが小さいほど、遮音性が高いということになります。遮音性を高めると、周囲に音漏れしてしまうリスクを低減できるのが魅力です。一方で、遮音性を高めすぎると、室内で必要以上に音が反響するリスクがあります。反響すると音が変わって聞こえたり、聞き取りにくくなったりするおそれがあるため、注意が必要です。


2、吸音とは


吸音は音を吸収して音の反射を防ぎ、音漏れや音の反響を抑えることを指します。吸音はたくさんの細かい穴がある素材を用いて音を取り込み、拡散させるというメカニズムです。吸音に優れた素材には、「ウレタンフォーム」や「グラスウール」などが挙げられます。


吸音性が高いと周囲への音漏れを防ぎ、室内でも音がきちんと聞こえやすいのがメリットです。ただし、吸音性を高めすぎると反響音がなくなってしまい、違和感を覚えることがあるため、気をつける必要があります。




まずは、お気軽に何でもご相談ください!


八尾市不動産売却・買取東大阪市不動産購入なら株式会社寿ハウジングまで・・・


ご相談・査定は無料です。



「無料売却査定」実施中!

所有している不動産の査定価格が気になる方は、株式会社寿ハウジングで無料売却査定を実施しています。


・とりあえず費用だけ知りたい

・他社の見積と比べてみたい

・売却の悩みを聞いてもらいたい



などなど、株式会社寿ハウジングで解決をサポートします!

下記リンクをクリックでお問い合わせページに飛びますので、必要情報を入力の上、お問い合わせください。


無料売却査定・相談はこちらから(ただいま成約多数につき、スピーディーに売却できます!)




八尾市不動産、東大阪市不動産
中古マンション、中古戸建て、土地を買うのも売るのもリフォームするのも高価買取リースバックするのも地域密着の近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713










≪ 前へ|八尾市と東大阪市不動産の住宅ローンの種類は何があるのか金利の違いは何か   記事一覧   八尾市と東大阪市の不動産の住宅ローンの審査についてメリット、デメリット|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る