八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 人数と生活スタイル別!部屋の間取りを決めるポイントまとめ

人数と生活スタイル別!部屋の間取りを決めるポイントまとめ

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

人数と生活スタイル別!部屋の間取りを決めるポイントまとめ




人数と生活スタイル別!部屋の間取りを決めるポイントまとめ





部屋の間取りを決めるポイントとは?


部屋の間取りを決めるポイントで重要なのは、「住む人数」と「生活スタイルで何を重視したいか」の2点です。一人暮らしと二人暮らしでは当然選ぶポイントが変わってきます。


部屋ではどんなことをして過ごす時間が多いのか、どのような家具を置く必要があるのかといったことを考えると、部屋にどのようなスペースが必要なのか分かります。自炊がしたい、風呂とトイレは別々がいいといった希望や、ただ寝るためだけに帰る部屋だから狭くても構わないなど自分なりのこだわりを大切にしましょう。


一人暮らしに向いている間取り


一人暮らしに向いている間取りは「ワンルーム」「1K」「1DK」です。一人暮らしの場合には誰に遠慮することもないので、自分の中で優先順位を決めて生活スタイルに合う間取りを選びましょう。


ワンルーム


ワンルームは一人暮らし向けの物件で多く見られる間取りです。キッチンと居住スペースが区切られておらず、1つの部屋でつながっています。玄関をあけるとすぐに部屋が見えてしまうことや、1つの部屋にすべてがあることで部屋が狭く感じてしまうというデメリットがあります。その一方で、掃除をするのが楽といった点や、冷暖房も部屋のエアコン1台で済むといった点がメリットです。あまり自炊する機会のない人や、狭くても家賃を安く抑えたいという人にも向いている間取りです。


キッチンと部屋に仕切りがないだけで「ワンルーム」という扱いになるので、中にはワンルームであっても広い部屋があります。広めのワンルームであれば、家具やパーテーションなどを使って部屋を仕切ることができるので、キッチンやベッドスペースなどを分けることも可能です。


1K


1Kは4.5畳未満のキッチンと居住スペースが別々のタイプの間取りです。居住スペースは1つとなっており、玄関から入ってすぐにキッチン、ドアで仕切られた奥に部屋があるというのが一般的です。ワンルームだと料理をするときに室内の洋服やベッドに臭いがついてしまう可能性がありますが、1Kならその心配を減らせます。


また、玄関から部屋の中が見えないようになるので、宅配便の受け取りなどで玄関を開けるときにも安心です。家賃は安く済ませたいけれど、自炊が多いのでキッチンと部屋は別々にしたいという人に向いています。


1DK


1DKは4.5~8畳のダイニングキッチンと、居住スペースが1部屋ある間取りです。料理や食事をするなどの生活空間と、寝室などのプライベート空間を分けて使うことができます。来客の際に寝室を見られることが気になる場合でも、1DKなら寝室は閉めておいてダイニング部分に他人を入れることができます。


ダイニングがあることで食器棚やキッチン家電を置くスペースを確保できるので、キッチンを広く使うことが可能です。「自宅で食事をすることが多い」といった自炊派に向いています。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713

≪ 前へ|新居が決まれば、あなたは布団派?ベッド派?一人暮らしにおすすめの寝具とは   記事一覧   八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る