八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?

八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?




八尾市の一人暮らしの家賃はいくらが相場?




一人暮らしを始める際、不安となる要素がたくさんあると思いますが、その中でも、家賃はどのくらいが相場なのか、は気になりますよね。住みたいエリアに友人がいれば、情報収集をする時に、力強い味方となってくれますが、知り合いもいない、全く土地勘がないエリアでは、同じようにはいきませんよね。今回は、一人暮らしの家賃はいくらが相場なのか、何から始めたらいいのかわからない方に、すべきことと全国の家賃相場についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。



一人暮らしの際の優先順位を考える


まず、お部屋探しで重要になるのは、自分の軸となる「優先順位」を決めること。自分がいくらまでなら家賃が払えるのか、バス・トイレ別や南向き、2階以上などの条件、宅配BOXなどの設備の有無などによって、家賃も変動していきます。それらを事前にしっかりと洗い出しておくことで、スムーズにお部屋を探すことができるようになります。むしろ、この精度がどれほど高くなるか、が家選びの最大のポイントと言えるかもしれません。


自分に払える額を把握する


どこに住むにしても、自分の払える額をしっかりと把握しておく必要があります。一般的には「収入の3分の1」と言われることが多いので、こちらを参考にするといいかもしれません。間取りや地域など、家賃を決める際の諸条件は考えていくとどんどんと細かくなりますが、まずは自分の経済状況を理解しましょう。例えば、30万円の収入なら、10万円程度が家賃の目安になる、ということです。


部屋はいくつ必要か、どんな間取りにするか


家賃に影響するのが、部屋数や間取りで、自分のライフスタイルに合わせて、どれくらいの広さの家に住むのかを決めていくことが重要です。1R、1K、1DK、1LDK……とさまざまな間取りがありますが、どんな間取りで暮らすのか、一人暮らしだからこそ、自分一人で決めなくてはいけません。当然、広くなれば家賃は上がりますし、築年数が経過していれば安くなる傾向にあります。つまり、築年数が浅い1Rよりもある程度、築年数が経過した2DKの方が安くなる場合があるのは、そう言った理由からですね。

優先したい条件を決める


当然ながら、条件が増えるほど、家賃は高くなるので、優先順位をつけないといけません。つまり、バストイレ別や2階以上、南向きなどを希望していても、予算オーバーする場合は、どの条件を優先するのか、ということです。優先順位の付け方は、自分の条件で妥協できる点が無いか見直してみましょう。例えば、自宅でのお風呂はシャワーが中心という方であれば、必ずしもバストイレ別である必要はなく、その分家賃を下げることができ、他の条件を優先することができるかもしれません。



まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713

≪ 前へ|賃貸物件の家賃の引き落とし日は何日が多い?遅れた場合の対処方法と注意点は?(その1)   記事一覧   賃貸物件の申込み後のキャンセルはできる?|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る