八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 引越しに必要な手続きは?

引越しに必要な手続きは?

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

引越しに必要な手続きは?




引越しに必要な手続きは?



電気・ガス・水道の使用停止


まず、利用している電力会社・ガス会社・地域の水道局に連絡し、利用停止の申込みをします。できれば1週間前、遅くとも引越しの3~4日ほど前までには、手続きを済ませておきましょう。電話や郵送のほか、ウェブサイトからも申込みが可能です。その際、検針票や領収書に記載されている“お客様番号”を手元に用意しておくとスムーズに手続きできます。電気・ガス・水道のいずれも、使用停止にあたり作業員の立会いは不要です。

電気の使用開始


引越しの1週間前までを目安に、遅くとも3日前までには電力会社に連絡し、使用開始の申込みを行っておきましょう。原則的に使用開始の際の立会いは不要ですが、エコキュートや電気温水器などがある住宅の場合は、作業員による通電作業が必要です。スイッチを入れても通電しない場合は、ブレーカーのレバーが下がっていないか確認しましょう。


ガスの使用開始


地域の都市ガス会社あるいはプロパンガス会社に申込みをしておきます。ガスの使用開始にあたっては、開栓作業とガス機器の点検のため、作業員の立会いが必要です。遅くとも3~4日前まで、引越しの集中する年度末であれば1~2週間前までに連絡し、使用開始作業の希望日を予約しましょう。なお、都市ガスは地域によって種類が異なるため、旧居で使用していたガス機器が新居では使用不可能なケースもあります。荷造りしてしまう前にウェブサイトなどで確認しておきましょう。



水道の使用開始


できれば引越しの1週間前まで、遅くとも3日ほど前には、地域の水道局に使用開始の申込みをしておきます。使用開始の際、原則的に作業員の立会いは不要です。使用開始の手続きをしたのに水が出ない場合は、元栓が閉まっている可能性があります。元栓は水道メーター内にあるので、レバーを回して開栓しましょう。


転出届・転入届・転居届の提出(住民票の移動)


住民票の移動には
順番や期間が決まっています。

引越しの際は、自治体への届け出による住民票の移動が必要です。あらかじめ旧居の市区町村役場に“転出届”を提出しておき、引越し後は14日以内に新居の役場に“転入届”を提出します。


同じ市区町村内の引越しであれば、“転居届”となります。住所が変わる際の役場への届け出は“住民基本台帳法”で定められた義務です。

ただし、住民票は“生活の拠点”となる場所に置くとされているため、下記に当てはまる人は、例外的に住民票の移動をしなくても良いとされています。


・新居に住む期間が1年未満と決まっている(単身赴任など)
・限定的な期間だけの居住である(卒業後に実家に戻る予定の学生など)

なお、旧住所で印鑑登録を行っている場合は、転出届を提出した時点で抹消となります。印鑑登録が必要な場合は、新住所の役場で新たに手続きをしましょう。









まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713



≪ 前へ|不動産売却と中国マネーの関係!五輪開催前の売却がオススメの理由   記事一覧   マンションの敷地や駐車場に自動車を放置された時の対処法とは?放置車両の所有者の確認方法|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る