八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 光ファイバーとは何?

光ファイバーとは何?

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

光ファイバーとは何?






光ファイバーとは何?


賃貸でよくあるインターネット環境の種類

賃貸では、それぞれの物件で使用できるインターネット環境に違いがあります。その環境によっては、ネットを使うために自分が骨を折らなければならないこともあります。普段から自宅でネットを使うなら、インターネット環境の種類について詳しく知っておくべきです。


回線工事が必要な「インターネット対応」


賃貸情報の「ネット環境の項目」で、「インターネット対応」という文言を見たことがある人もいるはずです。しかし、インターネット対応というのは、必ずしも快適なネット環境を保証してくれるものではありません。あくまで対応可能という意味に過ぎず、場合によっては自費で回線工事をしなければいけないこともあります。


建物の共用部分には回線が引かれている一方、各々の部屋にまでは線がのびていないということも多いです。自分で工事する場合、業者を呼んだり、プロバイダを探したりするのも自己責任となります。光回線に対応しているという場合は、光ファイバー回線が共用部分まで引かれているという意味です。

いずれにしても、インターネット対応の物件ではすぐにネットが使えないことが多いので、契約するときは注意しておきましょう。


すぐに接続可能な「インターネット完備」


入居してからすぐにネットを使いたいなら、「インターネット完備」と表記されている賃貸物件を選ぶべきです。インターネット完備とは、文字通りインターネット環境が完全に整備されている状態をいいます。しかも、回線が各々の部屋まで引かれているだけでなく、プロバイダの契約まで済んでいる状態です。パソコンなどの必要な機器をそろえるだけで、住み始めたその日からでもすぐにネットを使うことができます。

光ファイバーだと何が違う?

光ファイバーは、通常のネット回線とは異なります。ネットをより快適に使いたい人なら、光ファイバー回線の物件に住んだほうがお得です。それでは、光ファイバーが通常の回線とはどこが違うのか解説していきます。


通信速度が速い光ファイバー


光ファイバーとは、光回線を使ってネットを楽しめる技術です。通常のインターネット回線との違いは、何といっても速度にあります。光ファイバーは、特殊なケーブルを用いることで通常の電気信号を光信号に変換して通信することができる技術です。そのため、通常の何倍ものデータ通信ができ、最大で1GbpSという高速通信をすることも可能となっています。GbpsやMbpsというのは、データ通信速度の単位のことです。1秒間にどのくらいデータ通信できるかの指標であり、1GbpSはほとんど何の不自由もなくインターネットを使えるレベルの速さといえます。


ノイズが少なく安定している


優秀な通信速度だけでなく、光ファイバーは安定性も高い回線です。従来のADSL回線は、基地局との距離の影響を受け、離れていると通信が乱れるという不都合がありました。これに対して、光ファイバーは基地局との距離の影響がまったくありません。距離があってもノイズが少なく、安定してデータ通信することが可能です。そのため、途中で回線が切れたり、急にネットが使えなくなったりする心配もありません。






まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713

≪ 前へ|自分の状況・収入あった住宅ローン選びとは?   記事一覧   初めての一人暮らし。賃貸物件の契約から引越しの手続きまで|次へ ≫

山田 崇 最新記事



山田 崇

一人一人のお客様との出会いを大切にしまして、心をこめてご対応させて頂きます。不動産の事なら、何でもご相談ください!「スピード」「親切」を取柄に誠心誠意全てのお客様に対してご対応します。宜しくお願いします。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る