八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 建物の構造とは?構造を知って物件探しの材料にしましょう

建物の構造とは?構造を知って物件探しの材料にしましょう

カテゴリ:不動産コラム(賃貸)

建物の構造とは?構造を知って物件探しの材料にしましょう








建物の構造とは?構造を知って物件探しの材料にしましょう


まずは建物の構造と特徴を知ろう!


建物の構造には、鉄骨造以外にも「木造」「鉄筋コンクリート造」「鉄筋鉄骨コンクリート造」があります。構造部分は目に見えないので軽視されがちですが、音や振動などの問題と直結しています。住環境をより良く保つために、建物の構造はとても重要な役割を果たしているのです。それでは、それぞれの構造にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。


木造(Wood)


木造の建物は古くからあり、一般的にも広く知られている構造です。壁や柱、床、梁、屋根などの主要な部分に木材が使われており、比較的安価に建てられるのが特徴です。木造は木の性質上、通気性や吸湿性に優れているため、夏には高温多湿となる日本の環境に合っています。木造では大きな建物を建設しづらいため、戸建てや小規模アパートなどで多く見られます。


鉄骨造(Steel)


鉄骨造とは、柱や梁など骨組部分に鉄骨を使用した構造です。鉄骨では骨組み部分がすべて鉄でできていると考えるとわかりやすいでしょう。鉄骨造には、重量鉄骨造と軽量鉄骨造の2種類があります。前者は名前の通りより頑丈な造りとなっています。後者は木造よりは強いものの、用途はやはり木造と同じく小規模な建物となります。


鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)


鉄筋コンクリート造とは、柱や梁、床、壁といった建物の主要部分が、鉄筋とコンクリートで構成されている構造のことです。鉄筋とは鉄の棒のことで、コンクリートに埋め込んで引張力に対する弱さを補強するものとして使われます。つまり、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものが、鉄筋コンクリート造と呼ばれるものです。マンションなど規模の大きな建築物に必要な強度を出すことが可能です。



鉄骨鉄筋コンクリート造(Steel Reinforced Concrete)


構造物には、鉄骨鉄筋コンクリート造という、鉄骨造と鉄筋コンクリート造を合わせたものもあります。こちらは、鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを打ち込んで施工しています。鉄筋コンクリートよりもさらに耐久性が高く、主に高層マンションといった大規模な建物に対して使われる構造です。

鉄骨造には2種類ある!軽量鉄骨と重量鉄骨の違い


先ほどは鉄骨造について「軽量鉄骨」と「重量鉄骨」の2種類があると述べました。何となく重量鉄骨のほうが住むには良いような気がするかもしれませんが、実際にはそれぞれメリットとデメリットが存在します。両者のあいだにはどのような違いがあるのでしょうか。


軽量鉄骨造の特徴


軽量鉄骨造では、使用される鉄骨の厚みが6mm未満と定められています。6mm未満の厚さだと事前に工場で大量生産ができるため、一定の品質が保たれやすく、建築費用が抑えられるというメリットがあります。



しかし、鉄骨が薄いとどうしても柱や梁が細くなるため、鉄骨の本数を増やして強度を上げなければなりません。柱の本数が多くなることから、レイアウト(間取り)が限られるというデメリットが発生します。軽量鉄骨造は、一般住宅や小規模店舗に多く見られます。



重量鉄骨造の特徴


一方、重量鉄骨造では、使用する鉄骨の厚みが6mm以上と定められており、大量生産には不向きという特徴があります。そのため、成形に時間がかかり、費用も高くなってしまいます。厚みのある鉄材を用いるため、柱や梁が必然的に太くなり、軽量鉄骨よりも少ない本数での建設が可能です。柱の本数が少ないとレイアウトの自由度が高くなるメリットが発生しますが、建築費用が軽量鉄骨造より高いというデメリットもあります。


また、重量鉄骨造は、柱と梁が接合する部分が変形しにくい「剛接合」と呼ばれる構造となっており、かなり頑丈なのも特色です。そのため、ビルやマンションなどの大きな建築物にも用いられます。



軽量鉄骨造で用いられる「ブレース構造」





軽量鉄骨造では、「ブレース構造」が用いられています。ブレースとは、柱と柱および柱と梁のあいだに対角線上に部材を入れて構造を補強する「筋交い」のことです。柱と梁だけでは強度が担保できない場合、ブレースを入れて「面」を作ることで強度を保ちます。それを一定間隔で配置するため、建物に加わる水平の力に耐えられる強度を得られます。


難点としては、筋交いは容易に撤去することができないため、リフォーム時に希望通りのレイアウトにできないことが挙げられます。



重量鉄骨造で用いられる「ラーメン構造」


重量鉄骨造では「ラーメン構造」が用いられます。ラーメンの語源は、ドイツ語で「枠」「額縁」を表す「Rahmen」です。柱と梁で骨格を造り、そこに壁を張っていく構造がラーメン構造です。柱と梁を強く固定する剛接合をすることで、建物の骨格を形成していきます。通常、柱と梁を太く大きくしていけば、大きな建物を建てることが可能です。



しかし、室内に梁や柱が張り出してしまい、空間に「でこぼこ」が生じるというデメリットも発生します。居室に梁や柱を作りたくない場合は、壁で建物を支える「壁式構造」のメリットと合わせた「壁式ラーメン構造」を用いることもできます。


鉄骨造と他の構造の耐震性の比較


建築基準法では「すべての建物は震度6強〜震度7に耐えられるような強度および耐震性を持っていなければならない」と定めています。建築基準法をクリアするためには、どのような構造であれ、耐震性には大きな問題はないと言えるでしょう。鉄骨造では、鉄や鋼にある特有の「粘り」によって地震に耐えるという特徴があります。



一方、木造は建物を支える筋交いや耐力壁などによって地震に耐える力を備えています。また、鉄筋コンクリート造と鉄筋鉄骨コンクリート造では、コンクリートが圧縮力に強く、鉄筋が引っ張る力に強いという特徴があるため、両方の長所を生かして耐震性を上げているのが特徴です。



鉄骨造と他の構造の防音性の比較


賃貸で気になるのは音の問題です。鉄骨造の防音性は、他の構造と比較すると優れているのでしょうか。構造面から考えると、鉄骨造や木造は防音性が高いとは言えません。その理由は、壁の中が空洞または断熱材のみで構成されており、基本的に音が伝わりやすいからです。逆に、コンクリートで壁の内側も満たされている鉄筋コンクリートと鉄骨鉄筋コンクリート造は防音性に優れています。



ただし、鉄骨造でも壁や床に吸音材・緩衝材などを使用すれば、防音性を高めることは可能です。防音性が高まると断熱効果も上がるため一挙両得です。



鉄骨造と他の構造の建築費用の比較


鉄骨造の物件の建築費用は、他の構造と比べるとお得なのでしょうか。アパートやマンションの建築単価および坪単価の一般的な費用を見てみると「木造<鉄骨造<鉄筋コンクリート造<鉄筋鉄骨コンクリート造」の順に高くなっていきます。したがって、鉄骨造は4つの構造のなかでは比較的安価に建てられると言えます。建築費用はそのまま賃料にも影響するため、賃貸物件を探すときには構造にも注目することが重要です。



同じエリア内にある同じような部屋で家賃が大きく異なる場合は、構造に違いがあるケースが珍しくありません。構造の表記は場合によって「RC造(鉄筋コンクリート造のこと)」などとアルファベットで記載されていることもあります。



騒音トラブルを避けるために入居前にチェックすべきポイント

近所トラブルで多いのは「音」によるものだといわれています。前述のように、鉄骨造の物件の防音性は比較的低いです。



鉄骨造を検討する際には、軽量鉄骨か重量鉄骨かをチェックしましょう。もちろん、重量鉄骨造のほうが防音性に優れています。また、壁をたたいて内側が空洞でないか、近所にどのような施設があるか、あるいは他にどういった人が住んでいるかも確認しておきましょう。





軽量鉄骨か重量鉄骨か


軽量鉄骨の物件には、両側に石膏ボードを貼ってクロスで仕上げたものも多くあります。このような造りの物件は、隣室の生活音までもが聞こえてしまうおそれがあります。物件情報を見る際には「軽量鉄骨造か重量鉄骨造か」をあらかじめ確認しておくことが大切です。




壁の中が空洞でないか


壁の内側が空洞かどうかは、内見のときに実際に壁をたたいてみるとよくわかります。壁を叩いて高い音あるいは軽い音がしたら、内側が空洞の可能性が高いでしょう。石膏ボードとクロスで仕上げた壁であっても、防音が考慮された物件では、石膏ボードの間にグラスウールなどの吸音材が詰められていることがあります。



近所にどんな施設があるか


騒音が懸念される施設と言えば、駅および線路でしょう。これらには電車の騒音だけではなく、人通りが多い繁華街も近くにある可能性が高いので注意が必要です。とりわけ深夜まで営業しているお店近くの物件では、車の出入りによる騒音なども気になります。近所にどのような施設があるかによっては日中や夜間に聞こえる音も異なるため、内見時は複数回にわたってさまざまな時間帯に行うことがポイントです。




他にどんな人が住んでいるか


多くの場合、音は上階や両隣から漏れてきます。そのため、それらの場所にどのような人が住んでいるかは、不動産会社などにできる限り確認しておくことが重要です。他の住人の詳しい情報は個人情報にあたるため、不動産屋でも教えないこともあります。しかし「音に敏感である」ことを伝え、少なくとも「小さな子どもがいるか」「ペットを飼っているか」などの情報は聞いておくと良いでしょう。



不動産情報サイトを活用しよう


物件探しをするときには、不動産情報サイトの利用がおすすめです。場所・賃料・間取りなどの条件を絞って、簡単に希望する部屋を調べられるからだけではなく、建物の構造が必ず記載されているので、気になる物件が鉄骨造なのか木造なのかなど事前にチェックできるようになっています。いきなり不動産屋へ相談に行くよりも、ある程度希望の物件を絞ってから足を運んだほうが、手間や交通費などがかかりません。また、不動産情報サイトから問い合わせや内見の申し込みもできるメリットもあるため、利便性が高いと言えます。


鉄骨造の特徴も参考にして希望の物件を見つけよう



鉄骨造の建物は、すべての物件が防音に優れているわけではありません。しかし、音は近所トラブルを招きかねない大きな問題であるため、工夫をしている物件も多くあります。また、耐震性にも問題はないため、安価な部屋を探しているのなら良い選択肢と言えるでしょう。



建物の構造によっては家賃や間取りも変わってくるため、賃貸物件を探すときには構造も参考にすることが重要です。疑問点があれば必ず業者に問い合わせ、後悔のない部屋探しをしていきましょう。



当社では、不動産賃貸・売買・買取等もしております。




まずは、お気軽に何でもご相談ください!



◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713
≪ 前へ|遮音とは?住まいの防音対策を考えるポイント・その2   記事一覧   マンション・アパート賃貸物件の内見準備!内見には何が必要?|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る