八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン返済前に不動産売却する方法を解説!ローン組み直しがポイント

住宅ローン返済前に不動産売却する方法を解説!ローン組み直しがポイント

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

住宅ローンが残っている場合の売却例




中古マンションを売りたいと思っても、まだ住宅ローンの残債がある場合、どうしたらいいのでしょうか。

ローン中のマンションと言っても「自分の家」だから、自由に売買してもいいだろう、と思うかもしれません。ただ住宅ローンが残っている場合、抵当権が設定されているので、たとえ自分の家でも勝手に売ることができません。

言いかえれば、住宅ローンが完済すれば「自分の家」ということなのです。

では、どうやったら中古住宅を自由に売れるのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、残りの住宅ローンを一括返済してしまえばいいのです。そうすれば、ローン中の家ではありませんので自由に売ることができます。

ただ、一括返済出来ない、という場合もあるでしょう。中古住宅を売ったそのお金で一括返済するつもりでも、順番が逆ですから、無理です。

では、どうすれば・・・

その場合実際には、金融機関で売却金額を受け取ることで抵当権が抹消されるので、問題ありません。ただその旨は銀行とも話をしておいた方がいいでしょう。

ただ、これはあくまでローンの残金よりも中古マンションの売却金額の方が多かった場合です。状況によっては中古マンションを売っても、ローンの残金に足らない場合もあります。

例えば住宅ローンが1,000万円残っているのですが、中古マンションは900万円でしか売れなかったとなれば、100万円足らない事になります。これでは抵当権が抹消されませんから、売却できない事になります。

お金が足りない倍は、どうすれば良いのでしょう。

じつは、そんな場合でも金融機関では買い替えローンという方法もあります。それは、新しくローンを組み直すという方法です。

新しく住宅も購入するという場合には、おそらく新しく住宅ローンを組むことでしょう。その際にその額に前の住宅ローンの残額をプラスするという方法です。ただ審査が厳しくなるので、必ず審査が通るとは限りません。

ただ、ローン中の家を売ると言ってもそれほど難しくはありません。


まずは、お気軽に何でもご相談ください!

◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713

≪ 前へ|不動産売却時間と売値のバランス!高価売却のコツ・ノウハウについて   記事一覧   不動産売却にリフォームは必要か?中古マンションの事例|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る