八尾・東大阪不動産買取センター > 株式会社寿ハウジングのスタッフブログ記事一覧 > 【Q&A】不動産売却の中古物件では売主様が住んでいる場合が多い?

【Q&A】不動産売却の中古物件では売主様が住んでいる場合が多い?

カテゴリ:不動産コラム(売却・買取・購入)

「不動産売却中の中古物件では、売主様が住んでいる場合が多いのでしょうか?」



いつもありがとうございます。株式会社寿ハウジング代表の林です。今回は、不動産売却の中古物件では、売主様が住んでいる場合が多いのでしょうか?とのご質問にお答えしたいと思います!

不動産売却中の中古物件では売主様が既に引越しをして空家になっている場合もありますが大半の売り物件では、まだ売主様が入居中のケースが多いかと思います。入居中の場合、家具などが置かれていますので今後の自分たちの生活のイメージがつきやすいと思います。

それに長年お住まいになっている売主様に近隣の情報も聞いて頂いたら安心して購入を検討できるポイントになるかもしれませんね!

まとめとしましては、不動産売却中の中古物件では大半が売主様が入居中のケースが多いかと思います。
売主様が、まだ入居されているから、購入希望者の方は見学は気をつかうなと思うかもしれませんが、売主様も室内を見学されることを承知されていて売却されているわけなので、自分達が興味がある不動産は、どんどん
見学して頂きたいなと私は思います。

◆八尾市不動産、東大阪市不動産◆
家を買うのも売るのも借りるのもリフォームするのも近鉄八尾駅前、株式会社寿ハウジングにお任せください。
フリーダイヤル 0120-884-713







≪ 前へ|【購入・売却】近鉄奈良線八戸ノ里駅の中古マンション一覧   記事一覧   【購入・売却】近鉄奈良線河内小阪駅の中古マンション一覧|次へ ≫

林直寿 最新記事



林直寿

この度は、株式会社寿ハウジングのホームページをご覧頂きまして誠にありがとうございます。 当社は、不動産賃貸から不動産売買または不動産買取まで八尾市・東大阪市を中心に物件情報を多数取扱っております。売主様の事情によりホームページに掲載できない物件もございますので、お気軽にお問い合わせください!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る